「恩送り(pay it forward)治療始めます」

PayItForward.jpg


「恩送り(pay it forward)治療始めます」

思うところあって恩送り(pay it forward)治療を4月から始めることにしました。
以前から昔に観た映画、「ペイフォワード」の活動が気になっていました。
親への恩、家族への恩、出会った人への恩、陰で支えてもらっている恩、その他諸々の恩。
とてもじゃないけど直接返しきれません。
そしてもらったら返す。という2人の恩のキャッチボールよりも、大勢の人がそれぞれのボールでランダムに恩をキャッチボールをするような、そんなイメージでみんながそれぞれに受けた恩や幸せを循環できたらいいなと考えてこのような活動をすることにしました。
調べてみると日本文化では恩返しは当たり前ですが、イギリス、アメリカなどでは恩は回すのが自然な文化のようですね。
お歳暮とかの習慣がピンとこない理由が分かりました。

私は治療で皆さんに恩を送ります。皆さんは自分ができる何かしらのかたちで他の人に恩を送ってもらえたらと思います。

参考になったリンクを張り付けておきますので読んでみてください。
まだ観ていない方は映画もおすすめします。


〇恩送り治療にあたっては下記の提案に同意してくださる方を対象にします。
・恩送りの考えに共感してもらえる
・お越しの際には手土産などを一切持ってこない( 私との恩返しが生じるため )
・この活動については都合により変更、休止、また治療を拒否する場合があることを了承できる 

〇治療の予約方法など
・継続可能な範囲で行うため、まずは週に1人の枠を設けることにしました
・事前予約が必要になります。予約の際には「恩送り治療を受けたい」旨をお伝えください
・申し込みは電話、メール、メッセンジャー、LINEなどで受け付けます
・治療は通常の診察時間に行います。詳しくはホームページをご確認ください
・ご希望の週にすでに予約が入っている場合は別の週に変更して頂きます
・数か月先の予約はできません。概ね2か月先くらいまでです
・継続しての治療も可能です。その場合は一度治療を受けた後に再度予約をとってください(予約をいくつも押さえておくことはできません)



この記事へのコメント